エンドルフィン endorphin / 東京の映像コンテンツ制作

代表プロフィールprofile

umehara

エンドルフィン

大学で写真と映画作りを学びながら 8ミリや16ミリ映画を自主制作する。
卒業後はTVコマーシャル制作会社、月刊誌編集部、TV番組制作会社勤務を経て、求人情報大手のグループ企業に制作スタッフとして常駐。企業の社員研修用映像や会社案内ビデオ、リクルーティング映像の脚本・演出・編集を担当。
外資系の音楽ソフト会社とも長期に渡り、音楽商品のインフォマーシャル番組や娯楽・教養ビデオソフトの制作を多数請け負う。
一部上場の一般企業にも数年間在籍し、プロデューサー兼ディレクターとして、同グループ所有の動画配信サイトにおけるプロモーション番組制作全般に従事。協力制作会社の進行管理やクォリティ・コントロール、グループ会社への協力要請など企業間の調整役も務める。
2010年、日本橋に事業所開設。2012年、京橋に移転。
教育映像を短編ドラマにして情感豊かに伝えたり、歴史物や紀行物にもストーリー性をもたせるなど、視聴者の琴線に触れるエモーショナルなコンテンツ作りをモットーに、中小企業や個人事業主の社外/社内コミュニケーションを映像プロデュースの立場から支援している。
シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了。